最短翌日受取!缶バッジの短納期製作について、バッチリ缶バッジの『超特急缶バッジ製作サービス』

「缶バッジの依頼を忘れてた!上司に怒られちゃう!」
「週末のイベントで缶バッジの販売をしたいけど、納期が間に合うかな?」

 

といった悩みを抱えている方も多くいらっしゃると思います。
そこでバッチリ缶バッジでは、最短翌日に缶バッジの受け取りができる超短納期「超特急製作サービス」を開始いたします!

 

■現行の特急サービスについて

現在、バッチリ缶バッジでご案内している特急サービスは、月曜日12時までに成約した場合、その週の金曜日に発送をするというものになります。※月曜日~金曜日まで営業日だった場合のスケジュールになります。

 

通常納期・特急納期についての詳細は、コチラからご確認くださいませ。
https://realize-net.com/guide/delivery

 

料金は、缶バッジ製作代金の2割増しとなります。数量は、500個までとなります。

~対応可能商品~
表面加工は「ノーマル」のみとなります。
サイズ、仕様につきましては、「25㎜安全ピン」、「150mm缶バッジ」、「連結アクキー缶バッジ」は特急製作サービスご利用いただけません。こちら以外の商品が対応可能となります。

■超特急製作サービスの概要

超特急缶バッジ製作サービスは、従来の特急サービスよりも早い納期で缶バッジをお届けするサービスとなっております。

 

超特急缶バッジ製作サービスのメリット・デメリット

 

超特急缶バッジ製作サービスのメリット

・最短で翌日、缶バッジを受け取ることができる。

超特急缶バッジ製作サービスのデメリット

・選べる仕様に限りがある。
・特急料金とは別に、超特急手数料がかかる。

■超特急缶バッジ製作サービス対応商品

 

超特急缶バッジ製作サービスの対応商品は下記の通りとなります。

タイプ

角丸 額ぷち

 

裏面パーツ

フックピン 安全ピン クリップピン
スタンド スタンド+ピン スタンド+ボールチェーン
スタンド+ピン+ボールチェーン キーホルダー ストラップ
 
マグネット ミラー 栓抜き

 

 

・サイズ

25mm缶バッジ 32mm缶バッジ 38mm缶バッジ
44mm缶バッジ 57mm缶バッジ 76mm缶バッジ
37mm角丸缶バッジ 60mmx52mm額ぷち

※25mm安全ピンと上記以外の缶バッジ製作の対応はいたしかねます。
※缶バッジ製作可能数は、~100個、~200個、~300個となります。

 

■超特急缶バッジ製作サービスのスケジュール、アップ単価

超特急缶バッジ製作サービスのスケジュール、アップ単価は受け取り方法、日数によって下記のように異なります。

納品方法 / 曜日
来社引き取り 成約 製作可能数

~100個まで

製作可能数

~200個まで

製作可能数

~300個まで

製作可能数

~300個まで

アップ単価

3,000円

アップ単価

5,000円

アップ単価

7,000円

アップ単価

6,000円

発送 成約 製作可能数

~100個まで

製作可能数

~200個まで

製作可能数

~300個まで

アップ単価

3,000円

アップ単価

5,000円

アップ単価

7,000円

■まとめ

いかがでしたでしょうか。数量に制限はあるものの、人気仕様の缶バッジは対応ができるようになっております!
超特急缶バッジ製作サービスを利用して、充実した缶バッジライフをお送りください!

ミニミニ美術館番外編2:hajime様の「お客様は動物達?!お家で額ぷち展覧会」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

もう一つの番外編です。ミニミニ美術館にて作品をご紹介させていただいたhajimenano様から額ぷちの製作依頼を頂き、Twitterにてご紹介いただきました!

お客様は動物達!?小さなお家での展覧会

ミニミニ美術館にて作品を紹介後、別の写真で額ぷちを製作したいとご連絡をいただき、あわせての点の額ぷちを製作させていただきました。

納品後、hajime様は額ぷちをご自身がお持ちのシルバニアファミリーのお家に飾り、ご自宅にてミニミニ個展を開催、その様子をTwitterに投稿されました。

 

Twitterのお写真を見ると、シルバニアの動物たちが家の中に飾られた額ぷちを眺めています。
その様子はまさに私たち人間がギャラリーで作品を鑑賞している姿そのものです。

 

今回、シルバニアの家での個展の様子をTwitterに投稿したのか?理由を伺ってみました

「緊急事態宣言でギャラリーが使えなくなり、個展が中止になって途方に暮れていたところ、額ぷちに出会いました。
額ぷちを見た瞬間に、シルバニアを使えば個展の様な雰囲気が作れると思い、直ぐに注文しました。
実際にやってみたところ、予想以上のぴったり感に感動しました。」

 

ミニミニ美術館の企画を始めたのは、緊急事態宣言が発令されて間もなくの頃でした。

一切のイベントが中止になってしまったこの期間、hajime様もご自身の個展を中止せざるを得なくなってしまったのですね。

長い期間をかけて準備した個展を中止せざるを得なくなってしまったというのは非常に悲しく、つらいことだったと思います。

そんなときに偶然ミニミニ美術館の企画を見つけ、このような形で個展を開催し、楽しんで頂けたのはこちら側としてもとてもありがたいです!

現在は緊急事態宣言は解けたものの、東京では油断の出来ない状況が続いております。シルバニアのお家だけではなく再びギャラリーで個展が開催できるといいですね!

 

作品について

こちらで展示されている花や風景、何気なくある日風景を映した写真達の額ぷちは、ミニミニ美術館の後製作依頼を頂き製作させて頂いたものです。
ミニミニ美術館の作品と同様、背景や花などを被写体にした落ち着きのある写真が並んでいます。
どの作品も小さいながらhajime様の落ち着いた作風が現れています。

今回のおうち個展の作品について伺ってみたところ、このようなコメントをいただきました。
「個展で展示予定だった写真の中から、額ぷちに向いてそうな写真で10種類作っていただきました。
テーマは少し心がほっとする瞬間です。 フィルム写真特有の柔らかさが感じられるものを選びました。」

額ぷちにしたのは個展で展示予定だった作品の数々。
優しい色合いの花や日に当たる猫など……どれも落ち着いた雰囲気のホッとできる作品ばかりです。

 

作者プロフィール

hajime様はフィルムカメラで写真を撮るほか、豆本などを作ったりと意欲的に活動されております。
作品はTwitter、インスタグラムで見ることか可能です。
hajime様の、リラックスできる優しいお写真をぜひご覧くださいませ。

hajime様ありがとうございました。

 

ミニミニ美術館展示作品

Twitterアカウント

@hajime_nano

インスタグラム

instagram.com/hajime_nano

ミニミニ美術館:けろ様「えびてんそば」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はけろ様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「えびてんそば」

蕎麦たっぷりのどんぶりの中に存在するかわいいえびてん。お値段は800円です。
でもこのえびてんなんかへんだぞ?まるで猫のような耳があるし、しかもお蕎麦を食べちゃってます!
かわいいけど謎のこのえびてん、いったい何なのでしょうか?

作品について

この作品について、作者のけろ様からコメントを頂いております。

「えびてんねこちゃんがおそばを食べている様子を描きました」

お蕎麦が大好き「えびてんねこちゃん」

それにしても美味しそうにお蕎麦を食べていますね。お蕎麦をすすってる口元がかわいいです。果たしてえびてんねこちゃんはお蕎麦を完食できるでしょうか?かわいいなるとも残さず食べてください!

作者プロフィール

作者のけろさんは、かわいいもの、おいしいものをこよなく愛するイラストレーター。えびてんうさぎの他にも、ふんわりした画風でかわいい女の子やネコ、カエルを中心とした動物たちのイラストを多数発表しています。イベントやミニ原画展などにも参加されている人気のイラストレーターさんです。

BOOTHにて本やグッズを購入することが可能ですので、気になった方は覗いてみてください。

けろさん、このたびはご応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@kerokozu

BOOTH

kerobox

夏季休業のご案内

いつもご利用ありがとうございます。株式会社リアライズです。

 

今年はコロナウイルスによる緊急事態宣言の影響で混乱だらけの前半でしたが、新しい仲間も増え、しぶとく賑やかに日々を過ごしております。

このような状況でも弊社にご注文を下さったお客様、誠にありがとうございます。
夏以降も油断の出来ない状況ですが、従業員一同力を合わせて頑張ってまいります。

 

お盆期間中の営業に関してですが、誠に勝手ながら、下記の期間を夏季休業とさせて頂きます。
皆様には大変ご不便をおかけ致しますが、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 

発注の際は発送日を十分ご確認くださいますようお願いいたします。

 

休業日

8月8日(土)~8月10日(日)
8月12日(水)~8月16日(日)
※8月11(火)のみ営業日となります

 

最終発送日

8月5日(水) まで

発送開始日

8月18日(水)から

 

休業中にいただきましたご注文に関しましては、営業開始日となる8月17日(月)以降、順次ご対応をさせていただきます。
ご不便をおかけしてしまい大変申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

*連休明けの混雑を分散させるため、休業期間中に確認・データチェックを行う可能性がございます。

送料を安く。バッチリ缶バッジでオリジナル缶バッジを作る時に知っておきたい送料についてのエトセトラ。

缶バッジなどのグッズ製作に限らず、ネットショッピングで気になってしまうのが『送料』ですよね。
今回は、バッチリ缶バッジで缶バッジを作る時に、送料をちょっぴりお得にできる方法をお教えいたします!

バッチリ缶バッジの送料について

バッチリ缶バッジは納品する地域によって送料が異なります。
区分は、北海道、東北・北陸・信越、関東・中部、関西、中国、四国、九州、沖縄の8つになります。

地域 価格
北海道 \1400
東北・北陸・信越 \1050
関東・中部 \900
関西 \1000
中国 \1100
四国 \1200
九州 \1400
沖縄 \1800

※サイズ問わず、1,000個以上のご注文で送料が無料になります。

 

缶バッジの運送業者について

バッチリ缶バッジでは、基本的にヤマト運輸様にて商品のお届けをしております。

 

缶バッジの出荷からお届けまでの目安

バッチリ缶バッジ(東京)からの出荷につきましては、基本的に発送後翌日着になりますが、一部翌々日での到着となってしまう地域もございます。

翌日到着 東北・北陸・信越、関東・中部、関西、中国、四国
翌々日到着 北海道、九州、沖縄

※納期保証は行っておりません。万が一、お届けに遅延が生じた場合につきましても、
そこから派生する損害の補償はいたしかねますので、予めご了承くださいませ。

 

缶バッジの代行出荷について

ご依頼主様、納品先様が異なる場合、代行出荷の対応も可能でございます。

※納品先が異なる場合は、お見積り・オーダーフォームにございます「4.ASK ご質問/ご要望欄」にご入力をお願いいたします。
※お支払い方法が代金引換の場合はご利用いただくことができません。

 

缶バッジの送料を安くしたい

缶バッジ1個あたりの単価が安いだけに「製作代金より送料の方が高くなっちゃった!」なんてことも往々にしてあり得ることかと思います。そこでバッチリ缶バッジで送料を安くあげる方法を2つお教えいたします!

 

仕上がった缶バッジを直接引き取りにくる。

近隣に住んでいる方限定にはなってしまいますが、
直接引き取りの場合、送料を“0円”にて提供をさせていただいております。

住所:東京都台東区小島2-18-15御徒町オオツカビル3F
TEL :03-6240-9227

大江戸線、つくばエクスプレス線の「新御徒町駅」から徒歩1分の場所にございます。
※A4出口から出た場合の徒歩時間になります。
※製作は別住所の工場にて行っております。ご注文の際にご連絡をいただけなければお渡しができない場合がございますのでご注意くださいませ。

 

ネコポスを利用する。

数量とサイズが限定されてしまいますが、
全国一律の料金で缶バッジを送ることが可能でございます。

 

対象缶バッジサイズ

25mm~57mm

 

対象缶バッジタイプ

フックピン
安全ピン

 

対象缶バッジ数量

10個まで

 

小ロットかつ、仕様が限られる形にはなってしまいますが、送料をグッと抑えることが可能となっています。

遠方のお客様かつ小ロットでの製作をご希望ということであれば一度スタッフまでご相談いただければご案内をさせていただきます!

※こちらは配達日時の指定はできませんので、納品希望日等があるお客様はご注意くださいませ。

 

いかがでしたでしょうか。
少しでも安く缶バッジを手に入れて、有意義な缶バッジライフをお送りください!

ミニミニ美術館:番外編kaori sakaguchi様「アマビエ様額ぷち」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

今回は番外編です。ミニミニ美術館がご縁となり、作品をご紹介させていただいたkaori sakaguchi様から額ぷちの製作依頼を頂きTwitterにてご紹介いただきました!

今回の作品はkaori sakaguchi様が参加されている「コロナVSアマビエ展」という作品展のために制作された作品です。

「コロナVSアマビエ展」とは


アマビエは日本の妖怪。

江戸時代、突如海の中から現れ「疫病が流行するから私の姿を描いて人々に見せよ」と告げたといわれる妖怪です。

現在、世間を騒がせている新型コロナウイルスの流行により、疫病がなくなるようにという意味合いでアマビエの作品が多数の作家さんにより発表されています。

そんな中、「コロナVSアマビエ展」はエコロジカルアーティスト高田雄平氏主催により、神戸gallery9で開催されました。

一次はコロナ不況により閉鎖となってしまいましたが、多数の協力により神戸北野美術館にて復活開催!

更に好評を得て、7/21まで梅田スークにて「コロナVSアマビエ展〜endless 」が開催されています。

その後すぐ、7/24から8/8まで、大阪府北区北浜のMI gallery(日、月曜日休廊)にて
「コロナvsアマビエ展 suddenly」が開催予定です。

東京にいるので大阪・神戸をめぐるたくさんのアマビエ様たちを見に行けないのが残念です。関東にも来て欲しいですね!

 

今回額ぷちの製作をいただきましたsakaguchi様は江戸時代に描かれたアマビエの絵を大胆解釈し、コラージュで表現した作品を出展されています。

顔にはあの名画「モナリザ」の顔をはめ込み、赤と白のカラフルな髪の毛が特徴の神々しさを感じるアマビエを製作されました。

作品について

この作品についてkaori sakaguchi様よりコメントをいただきました。

「covid19の渦中、アマビエという疫病除けの妖怪を初めて知ったとき、自分の姿を描き写せば疫病が消えるといい残して消えていくなんて、なんて潔い妖怪なんだ、と美しい崇高な姿を想像しました。そこで、人々に強い感情を抱かせるモナリザを思い浮かべ、アマビエの鱗や三本足も踏襲し、コラージュで神々しいアマビエに仕上げました。髪を紅白にしたのは語感が似ている甘海老とひっかけています。」

本来のどこかかわいらしいアマビエとは違う、sakaguchi様はその行動から思い浮かべた姿を作品にいたしました。

でも名前が甘海老に似てるから髪色をエビっぽくしたなど、発想が面白いですね。

今後の予定

「コロナVSアマビエ展」は今後も大阪、神戸での開催が決定しております。
上でも書きました7/24から8/8まで、大阪府北区北浜のMI gallery(日、月曜日休廊)での
「コロナvsアマビエ展 suddenly」

その後、8/14から9/13まで、神戸市東灘区の複合ショップ「岡本コミンカ」で
「コロナVSアマビエ展〜one breath」
が予定されています。
(こちらはコロナVSアマビエ展の主催者、エコロジカルアーティストの高田雄平氏によるプロデュースで8月ギャラリーをオープン予定、同展は記念すべき第一段だそうです!)

sakaguchi様も今後、国内外様々な場所(福岡、スイス、東京)の作品展で作品を発表される予定です。

予定をざっとお知らせしますので、詳細は下の今後の予定をご覧ください。

2020.7.8-7.25 Abouty30展 Wald Art Studio (福岡市) (F30号ぐらいのサイズの絵画、写真、造形の様々な作品展)

2020.7.23-8.4 印刷xアート 白T展 アトリエSubaru (大阪府泉大津市)

2020.7.23-7.26 hagaki photo展 尼崎市 つかしんギャラリー

2020.8月下旬 Artbox project Zurich 2.0 (スイスアートエキスポ) スイス チューリッヒ中央駅にてデジタル展示

2020.10月下旬 Artbox project Barcelona 1.0 スペイン バルセロナのギャラリーにて デジタル展示

2021.2 中旬 東京の美術館にてグループ展に参加予定

冒頭紹介したアマビエ様額ぷちは、売り切れるまで梅田以降の巡回展でもお迎えできます。お迎えされた方は是非ともお部屋に飾って疫病から身を守ってください!もちろんうがいと手洗いも忘れずに!

kaori sakaguchi様、この度は製作依頼ありがとうございました!

 

仕様

額ぷち缶バッジ

おしらせ

kaori sakaguchi様のミニミニ美術館応募作品はこちら

kaori sakaguchi様の今後の予定

コロナVSアマビエ展主催、高田雄平様Twitterアカウント(新聞紙を使った造形アートでイタリアで展示もあり)

ミニミニ美術館応募作品

 

注目度バッチリ!てきぎ様のホログラム缶バッジ

てきぎ様より缶バッジの製作依頼を頂き、ご自身のTwitterアカウントでご紹介いただきました。

依頼されたのはホログラムモザイク加工の缶バッジ。文字が大きく書かれたシンプルなデザインですが、ホログラムによってキラキラと輝く綺麗な缶バッジが出来上がりました!

ホログラム加工は、ホログラムのシートをデザインを印刷したフィルムで巻き込むという通常の缶バッジ異なる作り方でできています。

ホログラムシートの種類も豊富でてきぎさんの注文されたモザイク柄の他、サンド、ハート、スパークル、レインの全5種類です。

ツイートに添えられた写真をみればわかりますが、ホログラムは日光などの光に充てるとよりキラキラと輝きます。

それぞれの柄でだいぶ印象も変わりますので、ちょっと特別な缶バッジを作りたい、豪華な仕様にしたいときはこちらのホログラム加工を是非お試しください。
てきぎさんの缶バッジはモザイクを使用しております。ホログラム加工の中でも特に目立つ柄なので文字だけでも十分なインパクトがありますね。
色は赤と黄色の2種類。一緒に付けたり、別々に付けたりと楽しんでみてください!

てきぎさんご依頼ありがとうございました!

 

仕様

タイプ:丸
裏面:クリップピン
プリント:ホログラム
サイズ:38㎜

 

 

ミニミニ美術館:汐まる水産様「うさちゃのどーなつ」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品は汐まる水産様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「うさちゃのどーなつ」

たっぷりいちごチョコに、カラフルなチョコスプレーのあしらいが可愛い♪とってもおいしそうなドーナツですね。
ドーナツ生地には、足跡が!?うさぎがよじ登ったのでしょうか。穴にどっかり腰を据えているうさぎは、もっちりとしてて柔らかそうです。

食べるのに躊躇してしまう、でも食べたらおいしそう・・・。そんなかわいいスイーツを描いた作品です。

作品について

この作品について、作者の汐まる水産様よりコメントを頂いております。

「このうさちゃは食べれるのかな、、?」

( ^ω^)・・・

うさちゃは本物のうさぎなのか?
それともウサギに似た小さい生き物なのか?
あるいは、ウサギを模したクリーム、もしくはマシュマロなのか……。

色々と気になる部分も多いうさちゃドーナツ、いろいろ想像して楽しみましょう。

作者プロフィール

汐まる水産様は、Twitterにて『白いうさぎのうさちゃ』の1日1絵の投稿をしています。
うさちゃはドーナツの真ん中にいるうさぎさんです。

もっちりとしたかわいいうさちゃが踊ったり、どや顔していたり、スイーツレポをしたり……と様々なうさちゃがご覧になれます。
このうさちゃがとにかく可愛いです。ぬいぐるみになったら柔らかそうですね。

汐まる水産様のアカウントはまだ始まったばかりです。
これから、いろんなうさちゃを楽しみにしています!

汐まる水産様、この度は御応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@usagimofuru

ミニミニ美術館:sunday_722様「Way to Hongkong」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はsunday_722様の写真を額ぷち缶バッジにさせて頂きました。

作品名「Way to Hongkong」

香港のストリートを撮影した作品です。
外壁の色が、階ごとに黄緑から深い緑色へと、グラデーションで変化しています。こんな色鮮やかなビルは、日本ではなかなかお見かけできません。香港の街の個性が良く分かる作品です。

作品について

この作品について、作者のsunday_722様よりコメントを頂いております。

「香港日常 私の目に留まる香港
私は香港と10年ほど仕事をしてきました。その頃は香港の大切な日常を見過ごして仕事ばかりでした。香港の仕事が終わってから、香港の本当の良さに気づいたのです。度々訪れる香港、第二の故郷香港の私の目に留まる日常をこれからも撮影して行きます。」

離れてから、身近だったものの大切さに気付くことってありますよね。
今回の写真は、sunday_722様が香港の魅力に目覚め、日常をとらえた作品のようです。特別なわけではない日常の風景ですが、それが自分の人生にとって大切だということを表現しています。

作者プロフィール

sunday_722様は香港と日本をiPhoneで撮影しているフォトグラファーです。

Tokyo Grapherさん(iPhone専門のレンズ会社)で 香港で撮影した写真を元に、旅の記事を書かれおります。
みっちりと住宅が凝縮された風景に圧倒されます。そして建物の色は、豊かな色彩がふんだんに使われてる印象を受けました。まるで香港をふらふらと旅をしているような擬似体験ができます。

そんなsunday_722様は、ミニフレームを使った個展を開くのが夢だそうです。スケールの大きい香港の街が、手のひらサイズのミニフレームに収まっている光景は面白そうですね!開催の際には、額ぷちをお役立ていただけたら嬉しいです!!

sunday_722様この度はありがとうございました。

Instagram

sunday_722

Twitter

sunday_722

心の故郷に帰る旅、私の香港 香港島トラムの旅

Vol.1

Vol.2

Vol.3

ミニミニ美術館:じろ様「こぽしました」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はじろ様のイラストを額ぷち缶バッジにさせて頂きました。

作品名「こぽしました」

飲み物をこぼしてしまい、テーブルを拭いているネコが描かれた作品です。
拭いているネコの隣では、恐らくこぼした張本人でしょう。ちいさなネコが「←このこがこぽしました」と書いています。
かわいいけどちょっとずるい、ネコたちのユーモアあふれた作品です。

アクセントカラーは、レモンイエローが使われていて、POPな爽やかやかさを感じます。

作品について

この作品について、作者のじろ様よりコメントをいただいております。

「ミルクこぼしたことをチクろうとしてますが誰に?」

子供の頃、こういう失敗をしたときに素直に謝れず、兄弟のせいにしちゃったりとかありましたねえ……。
それでさらにけんかに発展して・・・最終的にまとめて全員怒られるんですよね。思わずそんな昔のことを思い出したりしました。

作者プロフィール

じろさまは、「Hello happy cat」をコンセプトにネコのじろにゃん、はんにゃんの日常をゆる〜く描いてます。Twitterでいろんな作品を見れますが、どのネコも表情・しぐさが愛嬌たっぷりです。

suzuriでは、じろにゃんたちのグッズの購入が可能です。
グッズの種類も豊富で、かわいいアイテムが盛り沢山なので、気になる方は是非ご覧ください。

じろさん、御応募いただきありがとうございました。

Twitterアカウント

@a_nekottix

グッズ販売

Hello Happy Cat(suzuri)

Bitnami