クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はsunday_722様の写真を額ぷち缶バッジにさせて頂きました。

作品名「Way to Hongkong」

香港のストリートを撮影した作品です。
外壁の色が、階ごとに黄緑から深い緑色へと、グラデーションで変化しています。こんな色鮮やかなビルは、日本ではなかなかお見かけできません。香港の街の個性が良く分かる作品です。

作品について

この作品について、作者のsunday_722様よりコメントを頂いております。

「香港日常 私の目に留まる香港
私は香港と10年ほど仕事をしてきました。その頃は香港の大切な日常を見過ごして仕事ばかりでした。香港の仕事が終わってから、香港の本当の良さに気づいたのです。度々訪れる香港、第二の故郷香港の私の目に留まる日常をこれからも撮影して行きます。」

離れてから、身近だったものの大切さに気付くことってありますよね。
今回の写真は、sunday_722様が香港の魅力に目覚め、日常をとらえた作品のようです。特別なわけではない日常の風景ですが、それが自分の人生にとって大切だということを表現しています。

作者プロフィール

sunday_722様は香港と日本をiPhoneで撮影しているフォトグラファーです。

Tokyo Grapherさん(iPhone専門のレンズ会社)で 香港で撮影した写真を元に、旅の記事を書かれおります。
みっちりと住宅が凝縮された風景に圧倒されます。そして建物の色は、豊かな色彩がふんだんに使われてる印象を受けました。まるで香港をふらふらと旅をしているような擬似体験ができます。

そんなsunday_722様は、ミニフレームを使った個展を開くのが夢だそうです。スケールの大きい香港の街が、手のひらサイズのミニフレームに収まっている光景は面白そうですね!開催の際には、額ぷちをお役立ていただけたら嬉しいです!!

sunday_722様この度はありがとうございました。

Instagram

sunday_722

Twitter

sunday_722

心の故郷に帰る旅、私の香港 香港島トラムの旅

Vol.1

Vol.2

Vol.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami