「届いた缶バッジの色味が想像(画面上で見てた)と違う!」なんてことは、缶バッジをはじめ印刷物の製作を経験したことがある方なら
味わったことのある苦悩ではないでしょうか。

 

本日は、何故イメージとかけ離れた缶バッジが出来上がってしまうのかという点と、この惨劇を回避する為にバッチリ缶バッジで行っているサービス「無料サンプル作成」「色校正」について説明させていただきます。

 

 

■缶バッジの色校正とは

デザインソフト上でイメージ通りに作成されたデザインデータで印刷をしても、
実際の缶バッジを同じ色でプリントをすることは不可能と言っていいでしょうか。
どうしてモニター上で見た色味と作った缶バッジとで、色味の差がでてしまうのか説明していきたいと思います。

 

・モニターの色再現はRGB。缶バッジの色再現はCMYK。

色味の差がでてしまう原因のひとつは、データで再現できる色域と缶バッジで再現できる色域が異なる為です。
モニターの色再現はR(レッド)とG(グリーン)とB(ブルー)の加法混色となります。
一方、缶バッジの色再現はC(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(キープレート)の減法混色となります。

このように、モニターと缶バッジでは色を表現する色空間の、色域が異なるため、
モニターで確認している色通りに仕上がる保障はありません。

 

・缶バッジを見る人や環境によって見え方が異なる

缶バッジの色味は、缶バッジの表面を反射した光を目で拾い、脳内で「色」として認識をいたします。
そのため、缶バッジの色を認識する際、蛍光灯の光の元で見るのか、日光の元で見るのかで見え方が異なってしまいます。

また、「赤色を想像してください」と言った場合、赤い薔薇を想像する人もいれば、赤いトマトを想像する人もいます。
実際に想像する色は、記憶を頼りに補正がかかり、実際の色とは異なる可能性があります。実物を見て色を評価する場合、見る人の感性や経験によって、同じ赤色でも、「明るい赤色」と感じる人もいれば、「暗い赤色」と感じる人もいるかもしれません。

つまり、モニターで確認している色が、希望の色として仕上がるかどうか、
本製作で失敗しないために事前に確認することが重要となります。

 

 

■バッチリ缶バッジの無料サンプル作成について

バッチリ缶バッジでは、実際に製作をする前に無償で2個までサンプルを製作するサービスを行っています。
缶バッジの無料サンプル作成の注意点は下の通りになります。

 

・製作代金をお支払いいただいてからのサンプル製作。

こちらのサービスを利用いただくには、事前にご成約(ご入金の確認)が済んでいることが必要になります。
大変お手数をおかけいたしますが、ご対応の程よろしくお願いいたします。

 

・本製作とは別にサンプル缶バッジ製作期間が5営業日かかる。

無料サンプル作成は、ご成約から5営業日目に発送となります。
※発送後、納品までに1~2日程度かかる場合がございます。

本製作はその後、仕上がりを確認いただき、メールやお電話にて製作の了承をいただいてからの製作開始となります。
缶バッジデータのご入稿から納品まで、最短でも10営業日程度はかかる計算になりますので、余裕をもってご相談いただけますと幸いです。

 

・色校正ではないので、データ調整ができません。

無料サンプル作成は、あくまで“いただいたデータのまま、印刷・製缶(缶バッジに仕上げること)する”サービスになります。ご希望の色味と違った際に、データを弊社で手直しするものではございません。

 

 

■バッチリ缶バッジでできる「色校正」とは

色校正とは、実際に缶バッジを作成し色味の確認をいただけるサービスになっております。
無料サンプル作成とは異なり、缶バッジの色味がご希望のモノと異なる場合、調整をさせていただき再度缶バッジサンプルの製作をさせていただけます。

色校正は有料となります。

色校正:1回 3,000円
※5デザインまで。それ以上に関しては、1デザイン増える毎に+500円。

こちらもご成約から5営業日目の発送となります。
無料サンプル作成、色校正共に日数がかかってしまいます。
事前にスケジュールのご相談をいただけますと若干の調整は可能ですので、お気軽にご相談ください!

 

 

■まとめ

いかがでしたでしょうか。どうしてもモニター上で確認した色味と、実物の缶バッジとでは色味が変わってしまいます。
もしもが起きない為に、無料サンプル作成サービスや、色校正を利用して実物を確認してみるのも一つの方法です。

いい缶バッジライフをお送りください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami