ミニミニ美術館:aimaru様「Idea 」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回はaimaru様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「Idea 」

エプロンにベレー帽の絵描き姿のばんだなザウルスくんが筆を取り、今にも絵を描こうとしています。
筆の先からは赤、青、黄色など様々な色が溢れていて、エプロンも絵具だらけなところがとってもチャーミング。絵を描くときのワクワクした気持ちを描いた作品です。

作品について

この作品について作者のaimaru様よりコメントをいただきました。

「溢れ出すアイデアを次々と具現化していく、絵描きさんを描きました。」

絵描きさんが頭に浮かんだアイデアを、白い紙へスラスラと形にしていく過程は、まるで魔法のように見えるときがあります。
頭の中のアイデアを思うような形にしていく芸術家さん、クリエイターさんて本当にすごいですね。

そんなクリエイターさん(ここでは絵描きさん)のアイデアを形にしていく様子を描いた作品です。

この絵の中の絵描きさんは一体何を描くのか、それを考えるのも楽しいですね。

作者プロフィール

作者のaimaru様は動物をベースとした、ちょっとシュールでほのぼのとしたイラストが得意な絵描きさんです。
バンダナを巻いたゆるくてかわいい、「ばんだなザウルス」というオリジナルキャラクターを日々描いてます。Twitterではそのばんだなザウルスくんのちょっと不思議な日常を見ることが出来ます。

動物のイラストやGIFなども味がある作品ばかりです。

ばんだなザウルスくんをもっと見たい方は、Twitterアカウントをチェックしてください!

aimaru様この度は御応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@bandanasaurus

 

ミニミニ美術館:ゆきまむ様「in the sea」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はゆきまむ様のイラストを額ぷち缶バッジにさせて頂きました。

作品名「in the sea」

さわやかで明るいミントグリーンをふんだんに使い、模様が描かれています。
主役である美しい模様は、直線や流線型、葉のようモチーフなど、様々要素で構成されています。海の中に吸い込まれていきそうな、不思議な魅力のある作品です。

作品について

この作品について作者のゆきまむ様からコメントを頂いております。
「海やハワイが大好きで、たまたま出会ったゼンタングルを海っぽくアレンジして描くことにハマり、趣味で描いていました。今回初めて人様にお見せするので、少しドキドキしています。」

ゼンタングルとは簡単な線や丸のパターンを繰り返し描いていく、最近ブームとなったアート技法。集中することでストレス解消の効果が得られるそうです。
ゆきまむ様はそのゼンタングルで、「海」をテーマに描かれました。
じっくり見ていると、模様が水面の揺らぎや、波に揺れる海藻のように感じます。ハワイの美しい海を連想でき、癒しを与えてくれる作品です。

作者プロフィール

作者のゆきまむ様は、子育てをしながらイラストを描いています。Twitterを覗いてみたところ、心が温かくなるような「ワンとクウ」のイラストとメッセージでいっぱい。癒される一言と、ゆるかわな「ワンとクウ」に、ほっこりさせていただきました。

応募作品とはまた違う魅力がありますので、是非ご覧になってください。

ゆきまむ様、この度は御応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@KuW6n

ミニミニ美術館:とりすみさと様「いつもいっしょ」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はとりすみさと様のイラストを額ぷち缶バッジにさせて頂きました。

作品名「いつもいっしょ」

すやすやと気持ちよさそうに眠っている子供たち。2人はピッタリとくっついて仲良さそうですね。たくさん星が降る中で、一体どんな夢を見ているのでしょうか?
ふわふわとしたタッチが特徴的な作品です。

作品について

この作品について作者のとりすみさと様よりコメントを頂いております。

「いっしょだと安心するね。 すやすや幸せ星ふる夜。」

添い寝をすることは、相手の体温を感じることが出来るので安心感を得ることができるそうですよ。この絵の2人も、寄り添いあいながら、実に気持ちよさそうに眠っていますね。星と共に、優しさもあふれる作品です。

作者プロフィール

とりすみさと様は、油絵やイラストで今回の応募作品のような、ふんわり優しい世界を描かれている作家さんです。

Twitterアカウントでは、小さくてかわいい動物のイラストも見ることが出来ます。
ぴよことうめぼしというキャラクターが、特にふわふわしていてかわいらしいのでお勧めです!

イベントや展示会にも意欲的に参加されておりますので、作品をもっと見たい方はTwitterをチェックしてみてください。

とりすみさと様、この度は御応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@umiposhi_maru

グッズ販売サイト

うみぽし。’s shop

缶バッジ紹介「ゆるかわ!イースターず楕円缶バッジ」

こちらは「リアライズのバッチリ缶バッジSTORE」で販売予定の缶バッジを、ちょっと先取りしてご紹介します!

今回ご紹介するのはこちら!

どうですか?このかわいく、ちょっぴり間が抜けたような表情。大変魅力的じゃありませんか??

それにしてもこのバッジのキャラクター達は一体何者なのでしょう?

彼らは「イースターず!」

「EASTER-S イースターず」とは

かってに応援・宣伝キャラクターであり、台東区を!東京を!日本を!世界を!かってに応援・宣伝して盛り上げるという謎の動物たちです。

ちなみにパンダがサトウ、豚がシミズ、リスはスズキといいます。覚えやすく親しみやすい名前ですね。
そしてこのボケっとしたお顔がなんとも癒し効果を与えるとは思いませんか?

 

そんなイースターずの仲間たちがこの度かわいい缶バッジとなり、バッチリ缶バッジSTOREにて販売が決定しました。

ゆるかわデザインにぴったり!楕円缶バッジ

定番の丸缶バッジではなく楕円形缶バッジでのリリース!なぜ楕円なのかといいますと、つるんと美しいカーブを描く楕円形は、彼らの丸みのあるボディにピッタリだと思いませんか!?
サトウは全身、シミズはお顔が全面にどーんと印刷されています。

イースターずバッジはこれだけではありません!もう1種類ご用意しております。

じゃん!

かわいく名前をアピール「名札缶バッジ」

よく観光地のお土産屋さんにお名前のバッジがありますよね?
現在は外国の方の名前を漢字に当てはめた、ユニークなお名前缶バッジもあります。

そんなお名前バッジをイースターずで作ってみました!
おおきく書かれた名字と、同じ名前の小っちゃなイースターずが添えられた缶バッジです。

向きを選べる楕円缶バッジ

楕円はデザインの向きによって縦、横、好きな向きで製作ができます。
サトウを縦、スズキを横向きにしてみましたがいかがでしょうか?どちらもかわいいですし、名前も見えやすいですね。

拝啓、全国のサトウ様、スズキ様

全国に約205万5,000人いらっしゃるサトウ様、次いで約179万9,000人いらっしゃるスズキ様、よろしかったらこちらの「名札缶バッジ」、胸や鞄などにつけて、かわいく自己主張してみるのはいかがでしょうか!?

なおこちらはクリップ付き安全ピンを使用しているので写真のようにポケットに挟んでの仕様も可能です。

ちなみにこちらの写真ですが、実際に弊社に勤務するサトウとスズキが付けています。営業に行く時など、名前をバッチリ覚えてもらえるとのこと。イースターずのゆるかわさが、場を和やかにしてくれるそうです。

日本を盛り上げる(勝手に)イースターずのオリジナル缶バッヂ

彼等イースターずのグッズは、これからこのバッチリ缶バッジSTOREでどんどんラインナップを増やしていきます!

東京だけではなく、日本を盛り上げていくぞ!とやる気にあふれた(でも表情は緩い)動物達のイースターずを、ぜひぜひよろしくお願いいたします!

仕様

タイプ:楕円形
裏面:フックピン
プリント:ノーマル
サイズ:楕円形(70mm x 45mm)

タイプ:楕円形
裏面:クリップピン
プリント:ノーマル
サイズ:楕円形(70mm x 45mm)

ミニミニ美術館:奥村あゆみ様「小さな幸せを大切に」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品は奥村あゆみ様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「小さな幸せを大切に」

主役はオッドアイのかわいい女の子。大切そうにお花を持ち微笑んでいます。背景は夜空を思わせる緑から青の美しいグラデーションとたくさんの星。女の子の衣装も背景に負けないくらいカラフルです。まるで夢の国にいるような、ファンタジックな作品です。

作品について

この作品について、作者の奥村あゆみ様からコメントを頂いております。

「創作キャラクターのイラストです。
魔法が当たり前の世界に住んでいる女の子。魔法が当たり前の世界だとすると、魔法のせいで差別されたり嫌な思いをしたり引け目を取ったりすることがあるかもしれない。それでも魔法が素晴らしいと言える理由がどこかにある。自分の才能はきっと何かの役に立つ。きっとどこかに答えはある。それを探し求める、そんな女の子です。」

現実では使うことができない「魔法」が使えるのはうらやましいですが、それが使える人からすればその人にしかわからない悩みなどもあるわけで…

悩みつつも前向きに生きていくという力強いメッセージが込められた作品です。

作者プロフィール

作者の奥村あゆみ様は、ルービックキューブや知恵の輪の愛好家。なんと、それらを擬人化させたイラストも制作しております。BOOTHではアクリルキーホルダーや缶バッジ、イラスト集など様々なグッズを販売中です。
興味のある方は是非ご覧くださいませ。

奥村あゆみ様この度は御応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@CheNoirbox

プロフィールサイト

ChéNoir

グッズ販売

CheNoirBox(BOOTH)

 

ミニミニ美術館:ワタリマコト様「みどりいろのなかで」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はワタリマコト様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「みどりいろのなかで」

緑いっぱいのお花畑で、ふわふわとした不思議な生き物と一緒にいる妖精さん。
彼女たちは花畑で一緒に遊んだりおしゃべりしているのでしょうか?
水彩のやさしい色合いで描かれた、童話の一場面のようなとてもかわいらしい作品です。

作品について

作者のワタリマコト様に作品についてのコメントをいただきました。

「5月のひかりを描いた作品です。 ワタリの作品ではお馴染みの、ようせいさんとふよふよが登場しています。 空の青さやこもれび、そよかぜを感じていただけたら嬉しいです。」

5月は夏ほど暑くもなく、お花もたくさん咲き、風は涼しくて、一年の中でも過ごしやすい気候ですよね。
思わず遊びたくなるのは、妖精さんとふよふよさんも同じなんですねえ。

作者プロフィール

ワタリマコト様は透明水彩で数々の作品を発表し、展示会に意欲的に参加しているイラストレーターさんです。グッズの他、原画も販売しておりますので、作品に心ひかれた方はTwitterアカウントなどチェックしてみてください。

ワタリマコト様、この度は御応募ありがとうございました。

Twitter

@atelier_note

グッズ販売

Atelier*Note(minne)

プロフィールサイト

Atelier*Note

バッチリ缶バッジ解説:スタンド缶バッジ

こんにちは。リアライズのバッチリ缶バッジです。
こちらでは皆様に缶バッジについて分かりやすくを心掛けながらいろいろなことを解説していきます。

今回のテーマは「スタンド缶バッジ」です。

なんと缶バッジが立ち上がるようになりました。

スタンド缶バッジは針部分にスタンドパーツがついている付属パーツです。
作り方も簡単で、裏面パーツは針のないパーツを使い、機械で巻き込んだあとこちらのスタンドパーツを裏面に貼り付ければ完成です。

このスタンドパーツを付けることによって、平面な缶バッジの自立が可能になります

種類は4種類

スタンド缶バッジのスタンドは4種類ございます。種類とその用途をご紹介します。

スタンドのみ 立てかけられる。
スタンド+ピン 立てかけられる+身に付けられる
スタンド+ボールチェーン 立てかけられる+ぶら下げられる
スタンド+ピン+ボールチェーン 立てかけられる+身に付けられる+ぶら下げられる

基本の立てかけるスタンドにピンやボールチェーンを加えることで、スタンドに様々な機能が追加されます。

バッジ以外の使い方をしてみる。

バッジを立たせることができるスタンドバッジですが、一体どういう使い方ができるのか試してみました。

まずスタンド+ピンを使用。
こちらのスタンドの角度は180℃まで思い思いの角度にかえることができます。このスタンドの角度を限界の垂直になるまで角度を変えてみましょう。

それからスタンドの下部。下の足の部分には開いている穴に画鋲を指すと…

バッジを壁に飾ることができるようになりました!

今まで服や、鞄など軟らかい素材にのみつけていたバッジですが、このスタンドによって壁に飾ることも可能です。いままでこんなグッズなかったですよね。

これによって缶バッジを「身に着ける」のほかに「壁に飾る」という選択肢が増えました。

缶バッジ以外の使い方はまだあります!

今度はスタンド+ピン+ボールチェーンのパーツを使用。先ほどのようにスタンドを垂直まで角度を変えます。そして今度はスタンドの穴にボールチェーンを通してみましょう、すると…

キーホルダーとして鞄につけることもできます!!
「缶バッジは欲しい、付けたいけど鞄や服に穴はあけたくない」
「動いているうちにピンが外れて取れてしまうのが嫌」
という理由でバッジを咲けていた方でもこれで缶バッジを楽しむことができますね。

こうしたいなという用途に合わせて、様々な使い道が出来るスタンド缶バッジを使って皆さんの思いをカタチにしてみてください。

対応サイズ
44、57、レコードバッジ
最低ロット
10個~
値段
71円~
スタンド缶バッジ詳細ページ

ミニミニ美術館:とーる様「覗いとーる」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はとーる様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「覗いとーる」

触覚?のはえたミント色の髪のかわいい女の子、体を半分だけ出してどこかを見ています。
どこかの方言でしょうか。「見とるでね」の言葉が、女の子のかわいさを上乗せさせています。彼女は何を覗いているのでしょうか。
ミント色がふんだんに使われ、爽快感を感じる作品です。

作品について

この作品について作者のとーる様からコメントを頂いております。

「缶バッジを作ろうと描いたイラストを見ていたら、半分しか見えなくて覗いてる方が可愛いんじゃないかなって思い、出来た作品です。作者が名古屋人の為、名古屋弁でのセリフになっています。ミント色が好きなのがよくわかる作品ですね。」

時たま、これはこうしたほうが良いのでは?と偶然ひらめくことってありますよね。「ひらめき」をカタチにした結果、「何かを見てる」構図にすることによって、より可愛く、そして作品の内容も深くなっています。

作者プロフィール

作者のとーる様は、宇宙からやってきたミント色とチョコミント好きの宇宙人さまです。
なんという事でしょう!この作品展初の宇宙からの参加者様です。

時折描いたイラストでオリジナルグッズの製作をしているとのことで、グッズはsuzuri、boothで購入できます。
好きや楽しいの延長線上で、少しでも作品を見てもらいたく創作活動を続けているとーる様。是非、ご興味ある方は各サイトをご覧になってください。

とーる様、ご応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@SOUA_kiriya

販売サイト

suzuri 

booth

 

ミニミニ美術館:天霧朱雀様「待ってる36」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品は天霧朱雀様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

 

作品名「待ってる36」

青い髪の顔の見えない少女が、草木に囲まれた椅子に座っています。
不思議な少女は青で彩られ、少女の周りの草木や影の幾何学模様などは黒の線画で緻密に書き込まれ、どこか寂しい雰囲気を感じさせる作品です。

作品について

この作品について、作者の天霧朱雀様からコメントをいただきました。

「36は青。彼女はずっと待っている。けれど待ち人は来ないのです。」

少女はひとり寂しく、誰かをずっと待っているのですね。

待っているのはどんな人なのか、かれこれどれくらいの時間を待っているのでしょうか。
待っても待っても、待ち人は来ないというちょっと悲しい作品です。

作者プロフィール

天霧朱雀様は「水耕栽培された日常の眠いを綴るSF大好きマン!」。日々、小説やイラスト、写真など、多種多様な形式で作品を制作し発表しています。

作品はBOOTHで写真集や短編集の他、アクリルスタンドなどのグッズ販売も行っています。

美しく少し寂しさを感じさせる作品の数々。気になった方は是非ご覧くださいませ。

天霧朱雀様、この度は御応募ありがとうございました。

Twitterアカウント

@44230000

販売サイト

朱雀涼品店(BOOTH)

ミニミニ美術館:かえで様「ぴよ助を導く自由のペン太」

クリエイターさんの作品発表の場を作りたい!という思いから始まりましたオンライン展示会「ミニミニ美術館」。

こちらではご応募いただいた作品をご紹介しております。

今回の作品はかえで様のイラストを額ぷちにさせて頂きました。

作品名「ぴよ助を導く自由のペン太」

旗を持ったペンギンがヒヨコを導いています。二羽の手にはフォークにナイフ、いったいどこへ向かうのかと思えば、旗には「新鮮、お魚食べ放題」の文字…。缶詰や干物などにはもう飽きた!いざ鮮魚の元に向かおう!!という二羽の勇壮(?)な姿を描いたユニークな作品です。

作品について

この作品について作者のかえで様からコメントを頂いております。
「かの有名な「民衆を導く自由の女神」をぺん太&ぴよ助バージョンで描いてみました。
彼らであれば、おそらく新鮮なごはん(魚)を求め2人(匹)の革命を起こすであろう…。」

そうでした。この構図、どこかで見たなあと思ったら、あの有名な絵画でした。

構図はそのまま。しかしテーマはとってもユーモラス。絵画と同じように「熱」を感じる作品ですね。

彼らは無事食べ放題にたどり着けるのでしょうか!?

作者プロフィール

作者のかえで様は、ペンギンのペン太くんとひよこのピヨ助君を中心に、ほのぼのとしたタッチのイラストを描かれております。

LINEスタンプやグッズも販売しておりますので、気になる方はTwitterをのぞいてみてください。

かえで様、この度は御応募ありがとうございました。

Twitter

@fluffy_kaede

グッズ販売サイト

ぺん太とぴよ助(suzuri)

 

 

 

Bitnami