『缶バッジ VS アクキー』どっちで作る? プレゼントキャンペーン開催中

アクキーTOP

誰でも簡単に作れる人気のオリジナルグッズといえば、缶バッジ。
そんな缶バッジに勝る勢いで人気急上昇中のオリジナルグッズ、アクキーはご存知でしょうか。

アクリルキーホルダー 透明のアクリル板にお好きなデザインをフルカラーでプリントし、カットするタイプ。通称アクキー。
アクリルキーホルダー
透明のアクリル板にお好きなデザインをフルカラーでプリントし、カットするタイプ。通称アクキー。

今回は、缶バッジとアクキーの人気の秘密を徹底比較。
それぞれの特性や特徴を知っていただき、素敵な商品や効果的な販促グッズを作るヒントとなればと思います。

最後にプレゼントもご用意 ♪ 要チェックしてくださいね。

缶バッジVSアクキー 徹底比較
缶バッジVSアクキー

ラウンド1
値段はバッジが30円~と超お手ごろ、それに比べてアクキーは171円~とちょっとお高い印象が。
そのため、缶バッジは販促から商品まで幅広く、アクキーは商品で作られることが多い傾向があります。

ラウンド2
缶バッジは専用テンプレート(PSD、AI)に入れるだけ。画像での入稿も可能です。
一方のアクキーはオリジナルカットをするため、カットラインと白版を用意する必要があります。
→→→アクキーのデザインデータの作り方

→→→缶バッジのデザインデータの作り方

ラウンド3
缶バッジといえば、丸が一般的ですが、他に、37ミリスクエア型、長方形、楕円型など、変わり種もご用意しています。
アクキーは、レーザーカッターで変幻自在にオリジナルの形を作れるのが人気の秘密です。

ラウンド4
缶バッジと言っても留めるだけのフックピン以外にも、マグネット仕様のものや、ミラータイプまで。
幅位広いオプション加工が、缶バッジの魅力のひとつです。
アクキーは、ワンタッチのナスカンタイプ、安価なボールチェーンをご用意。ピン付け加工でブローチにもなります。

ラウンド5
どちらも高解像度印刷機を使用。缶バッジは専用のマットコート紙に印刷するのに対し、アクキーは透明なアクリル板に直接印刷されるといった違いがあります。

まとめ
引き分け
コスト面で圧勝の缶バッジは販促グッズにはぴったり。形が決まっているので、デザインしやすいのも魅力のひとつです。
一方アクキーは制作コストはかかりますが、自由自在な形を作れる魅力があるので、オリジナル商品にはダントツでオススメです。
違う特性を持った、缶バッジとアクキー。どちらも魅力的ということで、今回は引き分けとさせていただきます。
どっちを作っていいかわからない!と迷っている方は、まずはご相談を。使用目的やご予算に合わせたご提案をいたします。
アクキーをもっと知りたいと思った方は、リアライズのアクリルキーホルダーをご覧ください。
キーホルダー屋さん

缶バッジをご注文でオリジナルデザインアクキープレゼント
アクキープレゼント
缶バッジを100個以上ご注文いただいたお客様へオリジナルデザインアクキーをプレゼントいたします。
缶バッジとは一味違ったアクキーの素敵さをぜひこの機会にご堪能ください。
アクキーなるよ
プレゼントキャンペーン概要
対象:2016年6月17日~7月17日までの期間内に缶バッジを100個以上ご注文いただいたお客様

プレゼントアイテム:お客様のオリジナルデザインアクキー(50ミリ四方の丸型)をプレゼント(留め具ナスカン)

缶バッジのご注文数によって、プレゼント数も大幅アップ!
●缶バッジ100個~299個のご注文
→→オリジナルデザインアクキー2個

●缶バッジ300個~499個のご注文
→→→オリジナルデザインアクキー5個

●缶バッジ500個以上のご注文
→→→→→→オリジナルデザインアクキー10個

御届け日時:2016年6月末~7月末までに順次発送
※ヤマト運輸DM便での発送となり、ご注文をいただいた缶バッジとは別送となります。

必要条件:ご注文時のお問合せ時に備考欄へ「アクキーサマープレゼント」と記入。

注意事項:入稿デザインが複数ある場合にはご希望のデザイン1種類お選びくださいませ。

アクリルキーホルダー

ちなみに缶バッジとキーホルダーを組み合わせたハイブリッド商品が缶キーホルダー

こちらもぜひお試しいただきたい商品です。

Bitnami