突然ですが皆さんはどんな缶バッジが作りたいですか?!

自分で描いた絵や写真で缶バッジ作りたいという方もいれば、自分の好きなキャラクターを描いて缶バッジにしたいと思う方もいると思います。

同人活動をしている人は、自分の好きな作品の二次創作作品を漫画なりイラストなりで発表しているのではないでしょうか?

バッチリ缶バッジFACTORYでは、皆さんの創作活動、そして二次創作活動を応援しております。
どちらの活動でも、缶バッジを作りたくなった時など遠慮なくご相談ください。

本日は、そんな同人活動をはじめとしたモノ作りをする時に頭に入れて置いて欲しい「著作権」についてのお話です。

固い話かと思わずに最後まで読んでいただけると嬉しいです。

著作権とは何?
著作権について調べてみるとこのような文章に行き当たりました。

知的な創作活動によって何かを作り出した人に付与される知的財産権(知的所有権)は特許権、実用新案権、意匠権、商標権といった「産業財産権(工業所有権)」と「その他」、そして、文化的な創作物を保護の対象とする「著作権」に分けることができます。
「著作権」は、著作権法という法律で保護されています。文化的な創作物とは、文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもののことで、著作物といいます。また、それを創作した人が著作者です。

著作者の権利(抜粋)

  • 自分の著作物で、まだ公表されていないものを公表するかしないか、するとすれば、いつ、どのような方法で公表するかを決めることができる権利
  • 自分の著作物の内容又は題号を自分の意に反して勝手に改変されない権利
  • 著作物を印刷、写真、複写、録音、録画などの方法によって有形的に再製する権利

引用:公益社団法人著作権情報センター

ものすごくざっくりまとめると著作権は「絵や音楽を作者だけが好きに使える権利」です。
曲を作ったからCDを作ろう、漫画を描いたから本にしようといった制作活動は基本作者のみが行うことが可能です。

何をしてはいけないの?

具体的に、バッチリ缶バッジで缶バッジを製作した場合、著作権違反になってしまうものを上げてみますと「インターネット上で見かけたイラストが素敵だったからその画像でグッズを作った。それを見た友人たちが自分の分も欲しい、というので売った」といったケースです。

作品のオリジナル問わず、インターネット上でどんなに魅力的で素敵なイラストや写真を見つけても無断では絶対に作ってはいけません。
それを販売して利益を得ると、更に悪質になります。
作品の版権元に発覚した時は著作権法違反となり、罰金が発生したり、作品の版権元に多大なご迷惑をかけてしまったりと大きな問題に発展することになります。

二次創作活動と著作権

こう書きますとよくご質問いただくのが「アニメなどの作品でグッズや本を作っている同人はいいのか?」となります。
こちらもかなりややこしい話となっています。

同人誌即売会などで見かけるアニメ、ゲームなどの著作物を元に作った作品は「二次創作」という扱いになります。
二次創作は著作権的に良いのか悪いのかというと、正直グレーです。
しかし大半の作品の版権元は、二次創作の存在を知ってる現状です。

ではなぜ著作権が侵害されているのに作品の版権元から訴えられ、違反とならないのか?
それはファンによる活動の一つとして見逃してもらっているためです。
実際には版権元は違反と訴えることも可能ではありますが、この世の全ての二次創作作品をチェックするわけにもいきません。

合わせて、二次創作やファンアートで盛り上がることにより、作品をもっと盛り上げて欲しいという面もあります。
「同人活動をするならば、作品版権元に悪影響を及ぼさず、利益を必要以上に出さないように二次創作を楽しんでいただいて構わない」
というのが大半の作品版権元の考えです。

 

では二次創作で作ってはいけないグッズとはどういうものでしょうか?

・ショップなどで販売されている商品と同じデザインの物(デザインに似てるものを含みます)
・公式作品の絵、ロゴ等をそのまま使ったもの(イラスト、デザインはご自身で描いたものを使いましょう)
・著作元が公に二次創作を禁止しているもの(逆にガイドラインを設定している著作元もございます。二次創作活動を行う前にご自身で調べてみましょう)

一番大事な点は「原作、著作元の利益を損ねない」ことです。
二次創作は著作元から見逃してもらっているという事を頭に入れたうえで楽しみましょう。

なお、版権元に「二次創作でグッズを作りたいので許可をください」と連絡をすることは作品の版権元のご迷惑になるのでやめましょう。

じゃあ生身の人間は?

アニメやゲームだけではなく、芸能人やアイドルの写真を無断使用してのグッズ製作も禁止されています。

以前近所の方が、好きなアイドルの写真で缶バッジを作りたいと来られたのですが、その際はお断りした経験があります。
二次創作活動をしてるわけじゃないし、好きだからいいじゃないと思われるかもしれませんが、アイドルなどの写真を使用したグッズ製作も問題になります。

日本には肖像権という権利があります。無断でアイドルが含まれる画像や映像を使用すると民事上の責任が発生します。ですのでアイドル、芸能人でも無断でグッズは作らないようにしましょう。

もの作りを楽しんでいただくために

ここまで長々と書きましたが、これらは好きな作品アイドルなどを守るために本当に大事なことになりますのでお忘れにならないようにしてください。
もし軽い気持ちで大丈夫だろうと著作権に触れてしまった場合、損害賠償等も発生いたしますし、それによって今後二次創作が禁止される可能性や、グッズが販売されないなどといった流れになることも考えられます。

「自分だけは大丈夫」と思わずに、作りたい場合はご自身でデザイン・描いたもので作り、自分の利益が出すぎないように、あくまでも黙認してもらってるという事を忘れずに楽しく活動しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami