【世界の缶バッジニュース】カプセルも有効活用?

動物園に住む動物達を育てる飼育員さんがいますがその方たちが見ている普段見られない動物たちの姿があります。

そんあ普段みれない姿がグッズになっていたら思わず手が出てしまいますね。

今回は動物園での缶バッジ販売のニュースです

「ヤマネコのため」 ツシマヤマネコのガチャガチャ設置

長崎県佐世保市船越町の九十九島動植物園(森きらら)のヤマネコ展示場に「ガチャガチャ」(1回100円)が登場。同園のツシマヤマネコの写真などをあしらったスタッフ特製の缶バッジが手に入る。
ヤマネコの保護活動や飼育管理の資金を募ろうと9月に設置した。バッジは15種類あり、9月に死んだ「つしまる」のほか、飼育中の5頭(非公開)の表情を収めている。
カプセルの回収箱には「野生のヤマネコのため」「動物園のヤマネコのため」の二つの投入口があり、カプセル数に応じて集まった金額を振り分ける。今のところ「野生」に入れる人が多く、担当者は「空でも思いが詰まっています」とうれしそう。

引用:長崎新聞

投票には缶バッジを入れていたカプセルを使い、缶バッジの売り上げの使い先をお客様が決める。
ガチャガチャを引いたとき余るガチャカプセルを有効に使っています。

カプセルやOPP袋~様々な缶バッジ個別包装~

バッチリ缶バッジではお客様の用途に合わせ、個別包装を複数用意しております。


缶バッジは表面がフィルムで覆われているのですが、こすれたりなどで傷がつくことがあります。

OPP袋での包装は見栄えを良くするという他にも、缶バッジを傷や汚れから守る当目的もあります。
OPP袋には通常のほか、ヘッダーという吊るす用の穴のついた物がございます。
銀色のOPP袋での包装や、ガチャカプセルは保護の他に、どんな柄が出てくるか開けてみるまで分からないというブラインド仕様で缶バッジを販売したいときに使われます。

個別包装は、お見積りフォームでOPP、銀色OPP、セット包装等選択ができますのでお好みの包装オプションをお選びください(別途料金がかかります)
また包装オプションの中にない特殊包装などを頼みたい場合はフォームの一番下「ご質問」にてお伝えください。

また、個別包装についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせて読んでいただくとわかりやすくなるかと思います。
バッチリ缶バッジで頼める包装オプション一覧

缶バッジを配る、販売する時に重要な個別包装等のオプションでなにか迷っていることなどがあれば、バッチリ缶バッジに遠慮なくご相談ください。
皆さんの思いをバッチリ形にできるよう努力いたします!

缶バッジを作りたくなりましたらこちらへ↓

リアライズのバッチリ缶バッジ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Bitnami